私たちの正体

朝日が昇る前の海岸沿いを、一緒に歩いた。

たった数時間の付き合いだ。ただのネコだと思っていた。

野性が戻る、猫の瞬間を、目撃した。

鳥を咥えたまま、海辺から離れて行く。

ついて来ないと立ち止まり、こっちを振り返る。

私は、食事のお供に許されたようだ。

柵の隙間を追いかけっこしていたのに、

結局、鳥は皿の上に乗った。それも動いたまま。

鋭い歯を見せて、嚙みちぎる。

レンズ越しでしか、見ることができなかった。

振り向いた。猫と目が合った。

鼻の下の血の糸に、気が付いてしまった。

その糸を切るように、そこから逃げた。

その街を離れる時、最後にまた寄った。

​そこには羽しか残っていなかった。