​太陽になびくワンピース

風を食べて生きる鯉のぼりの胃の中は、一体どうなっているんだろう。

風を食べたその瞬間は、一体どんな景色なんだろう。

気を抜いたら、すぐに空に吸いとられていく。

重力とつないでた手がの指先が、一瞬だけ離れたかのような気分だ。

瞬きをする前に、手は元に戻っている。

鯉のぼりの胃の中へようこそ。

2020.09.19-20/SICF21 ステートメント

新芽に喰われる水溶液
2016.10/五美術交流会(武蔵野美術大学)にて展示。
柱のないマンションの中で
2016.10/五美術交流会(武蔵野美術大学)にて展示。
いそぎんちゃく
2020.09.19-20/SICF21にて展示。
waterfall Ⅰ
2020.09.19-20/SICF21にて展示。
waterfall Ⅱ
2020.09.19-20/SICF21にて展示。
水面(みなも)
2020.09.19-20/SICF21にて展示。
隙間
2020.09.19-20/SICF21にて展示。
Show More

「太陽になびくワンピース」とは、太陽に向かってなびいている一枚の布という意味のことばである。それは、鯉のぼりという言葉を使わずに鯉のぼりを表現したものだ。

このシリーズの写真は、トリミングも、加工も全くしていない。

ここには、太陽と風と、色しかない。

鯉のぼりの色しかない。

自分の意思で構図を決めることも、光を操ることも、ファインダーを覗くこともできない。

どうしても逆らえないものの中で、シャッターを切る。

どうしても逆らえないものが、ただ、ただ景色となり、色となり、広がっていく。

そして、私の手元には、シャッターを押したという事実しか残っていない。

その時何が見えているのか、わからない。

まるでフイルム写真かのように、撮った後に何がどのように写っているのかが、はじめて分かる。

ただ、風と向き合うしかなく、色と向き合うしかない。

鯉のぼりの胃の中に入って、ひたすら食べられているしかないのかもしれない。

2016年に、B0サイズにプリントして展示したことがある。

その時、5歳の少年が、「ママ、鯉のぼりだよ。」と言った。

お母さんは「教えて、」と言う風に子供に駆け寄った。

その瞬間、私は「正解」に遭遇した。

  • Facebook ブラックアイコン
  • Instagram ブラックアイコン