万緑に野晒し

​大学院修士1年生の時のゼミ展です。

DM

写真:陳伊寧

タイトル:我楽

​design:張鈺

展示風景

祖父と庭の畑の距離感を、私は掴むことができそうにない。

果たしてこれは育てているだろうか、というものが、ちらほらとある。

適度にぶっきらぼうで、そのぶっきらぼうが適切なのか、疑ってかかりたいところだが、

育てられている様子を見ると、それもきっと正解なのかも知れない。

 

5月の緑は、太陽が目立つ。

気温が上がるにつれて、色も五月蠅くなっていく。

緑はだんだんと暴れて行くのに、色は深みを増していく。

堂々としている庭の緑は、手足を放り投げて、大の字で寝転がっているみたいだ。

  • Facebook ブラックアイコン
  • Instagram ブラックアイコン